互助会システムの紹介

冠婚葬祭互助会システムは合理的です。

 冠婚葬祭互助会とは、加入者が毎月一定額の掛金を前払金として払い込むことにより会員となり、冠婚葬祭の儀式に対するサービスが受けられるというシステムです。

 加入者からお預かりした前受金は、主として結婚式場や斎場を建設する費用や維持費などに当てられる他、儀式に必要な各種の衣裳や祭壇などの備品を 購入することなどに使われており、加入者の利点は、儀式の予約をしたことにより低廉な価格でご利用になれ、ご加入時に約束した冠婚・葬祭の契約内容をいつ でも保証しています。

 最近、盛んに話題となっている葬儀の「生前予約」ですが、まさに冠婚葬祭互助会の契約そのものであり、その意味でも先進的、合理的と言えるのではないでしょうか。

 なお、加入者が遠方に転居されても契約が無駄にならないよう、加入者の申し出により社団法人全日本冠婚葬祭互助協会に加盟の互助会間で移籍を行い、利用していただけるようにしています。

私たちは、常に互助会加入の皆様の安心を心がけ、お役に立ちたいと努めています。
-(一社)全日本冠婚葬祭互助協会(全互協)-

前受金保全・営業保証金

あいあーるは、割賦販売法に基づき加入者からお預かりしました月掛金の1/2に相当する額について次の機関と営業保証金の供託及び前受金保証金の供託委託契約を締結し保全をしています。

■営業保証金、前受業務保証金供託先

仙台法務局 仙台市青葉区春日町7-25

■前受業務保証金供託委託契約受託者

互助会保証(株) 東京都港区虎ノ門5-13-1 40MTビル

あいあーる加入者役務保証機構制度

当社は加入して頂いたお客様の保護のために、一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会が運営する互助会加入者役務保証機構制度に加盟しておりますので、お客様の役務は保証されています。

前受業務保全企業内積立金制度

当社はさらにご加入いただいた会員の皆様の保護を目的として、一般社団法人全日本冠婚葬祭互助協会が推進している前受業務保全企業内積立金制度の規定に従い、自主的に自社内でも積立を行っています。

■加入者保護

加入者保護